上下歴史文化資料館

まなびとつどいの空間

岡田美知代の世界 常設展示室

岡田美知代の世界
上下出身の女流文学者、岡田美知代。その生涯と主な作品などを展示するコーナーです。文学に情熱を燃やし凛として生き抜いた美知代の人間的魅力を浮き彫りにします。

岡田家の部屋

岡田家の部屋
文豪田山花袋が岡田家を訪問した際、逗留した和室を再現しています。帰郷した田山花袋が、当主岡田胖十郎へ出した礼状も展示しています。

上下の歴史

上下の歴史
昔懐かしい町並みの残る上下。その歴史的変遷や、今に伝わる歴史的遺産を紹介するコーナーです。普段は目にする機会の少ない貴重品も特別展示しています。

美知代の部屋

美知代の部屋
岡田美知代が使用していたとされる和室を再現しています。

和室

和室
旧・岡田邸は老朽化が進み、持ち主も転々とする中で、明治期の建物は公共施設として使えない状態でした。その中で唯一保存状態が良かった和室を、そのまま活用しています。

昔ばなしの部屋

昔ばなしの部屋
日本だけでなく世界の昔ばなしをたくさん所蔵し、地元に伝わる昔ばなしを画像で見ることができます。子供も大人もお話の世界を楽しんでください。

ホール

ホールひな壇飾り
1階ホールは、ガラス越しに屋外の光を取り込む開放的な多目的空間です。ギャラリーや展示会、イベントなどを開催します。

館内案内図

上下歴史文化資料館1階平面図
上下歴史文化資料館2階

おもてからは見えない上下の魅力

上下のメインストリートを歩くと、白壁や土蔵造り、格子戸といった懐かしい街並みが続き、時間が止まったかのような錯覚さえ覚えます。それだけでも十分に楽しいのですが、この町の魅力はそれだけにとどまりません。こんな町並みが残る背景には、綿々と続く歴史ドラマがあり、街並みの内側には時代の証人ともいえる貴重な文化財や歴史遺産が今でもしっかりと残されています。

また上下の誇るべき財産として、街並みや文化財と並び「人」があげられますが、ここから文学者をはじめ実業家、学者、俳優、スポーツ選手など多彩な人々が旅立ち、日本の政治や経済、文化の発展にいろいろな影響を与えてきました。

上下歴史文化資料館は、そんな知られざる上下の歴史遺産や人物にスポットをあて紹介する施設です。

おもてからは決して見えない上下のもう一つの魅力をお楽しみください。

ご利用のご案内

開館時間 午前10:00~午後6:00
休館時間 月曜日(祝日の場合を除く)
及び12月29日~1月3日
ただし、臨時に開館及び休館する場合があります
入館料 無料

交通アクセス

お問い合わせはこちら

〒729-3431 広島県府中市上下町上下1006
TEL/FAX 0847-62-3999