施設利用再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症への感染予防に伴う広島県の非常事態宣言の解除発表を受け、まちづくり振興公社では、指定管理している施設の利用を再開することになりました。ご利用いただく皆様には、体調管理に努めていただき、消毒液や石鹸による手洗いの徹底、また、大勢が集まる密集空間、近距離での会話や発声をする密接の場を避けて、マスクや咳エチケットなど個人でできる予防対策の徹底をお願いします。
【利用再開施設】
①月見ヶ丘体育館 (5月21日より再開)
・1回の利用者数は、密集・密接を避けるため20人以内とします。

・また、例年7月10日から行っているプールについては、今年は中止します。

②B&G海洋センター(5月20日より再開)
・詳細については、B&G海洋センターのホームページをご確認ください。
③河佐峡キャンプ場(5月21日より再開)
・キャンプ場の利用サイト数は、密集・密接を避けるため15サイトまでとします。
・5月31日までは、県内居住者を対象とします。
・河佐峡フェスティバル、夏季期間(7月~8月)の釣堀、ウォータースライダーの営業は中止します。
④河佐峡パークゴルフ場(5月21日より再開)
・密集・密接を避けるため、1度に行うグリーン上でのプレーは、1ホール毎の間隔を空けて10組とします。
⑤羽高湖森林公園・サンステージ(5月21日より再開)
・キャンプ場の利用サイトは、密集・密接を避けるため、30サイトまでとします。
・5月31日までは、県内居住者を対象とします。
⑥四季の里キャンプ場(5月21日より再開)
・フリーキャンプ場の利用サイト数は、密集・密接を避けるため、20サイトまでとします。
・5月31日までは、県内居住者を対象とします。
⑦四季彩工房(6月6日より再開)
・客席については、対面席は避けて、十分な間隔をとって食事をしていただきます。
⑧府中市歴史民俗資料館・上下歴史文化資料館(5月20日より再開)
その他
※各施設とも「新しい生活様式」に即したご利用をお願いします。
①密閉・密集・密接にならない。
②可能な限りマスクの着用。
③こまめな手洗いや消毒。
以上、ご利用いただく皆様には、色々ご不便をおかけすることになりますが、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために

感染症の拡大防止のため、3密を避け、外出や帰宅時には、石鹸や消毒液などを使って、こまめに手洗いやうがいをしていただきますようお願いいたします。

また、咳やくしゃみをする際には、マスク、ティッシュ、ハンカチなどを使って口や鼻を押さえ、他の人にうつさないよう、皆様のご協力をお願いいたします。